女性の体は変化が大きい

女性は年齢とともに体に大きな変化が訪れますが、体内だけでなく体型にも影響を与えます。

 

第二次性徴期を迎える10代では、女性は胸が膨らみ始め、初潮を迎える頃には丸みを帯びた女性らしい体型に変わってきます。

 

この頃のバストラインはかゆみや痛みなどを感じることがあるので、成長具合に合わせて下着を選ぶ必要があります。

 

 

成熟した体になると……

成長が止まり、成熟した女性の体となるのが20代ですが、今度は皮下脂肪がつきやすくなります。

 

結婚や妊娠、出産などで生活スタイルが変わり、急に体型が変わってしまう人もいます。

 

この頃に、下着の選び方や装着方法、筋力アップなどを怠ってしまうと、バストラインやヒップラインが重力に負け、体型が一気に悪くなってしまうので注意が必要です。

 

 

30代を過ぎると体は変わる

どんなに努力していても、30代を過ぎると皮下脂肪はたまり、見た目はあまり変わらないのに体重だけ増えたという人も出てきます。

 

バストトップやヒップトップは下がり気味になり、上半身にあったボリュームが、30代40代で下半身に移動してくるのです。

 

これは、加齢による肌や筋力の衰えなどが原因のほとんどで、一度下がってしまうと元に戻すのは非常に困難です。

 

 

女性ホルモンの変化は体型の変化に大きく関わりがあります。その変化に合わせて、下着を替えたり、エクササイズをしたりしてケアしましょう。

 

10代の成長期に下着選びなどに失敗すると、パーフェクトボディを手に入れるのに苦労します。逆に、努力しだいで40代を過ぎても、20代の体型を維持することができるのです。