自分にとってのパーフェクトボディとは?

自分にとってのパーフェクトボディはどのように計算すればよいのでしょうか。

 

基本となるのは身長なので、まずは身長を正しく計測しましょう。

 

まず体重は、身長×身長×19÷10000が理想体重となります。
これでは、自分の理想よりも重いと感じる女性が多いのではないでしょうか。

 

しかし、体重が軽すぎると筋肉量が少ないため、体型を維持できませんし、健康的とはいえないのです。

 

 

理想の体型方程式

トップバストは身長×0.54、アンダーバストは身長×0.43、ウエストは身長×0.38、ヒップは身長×0.54が理想のスリーサイズになります。

 

さらに二の腕は身長×0.15、太ももは身長×0.3、ふくらはぎは身長×0.2、足首は身長×0.12となります。

 

補正下着などで全身メイクする時には、これだけあちこちサイズを測るのです。

 

パーフェクトボディは、スリーサイズだけでなく全身のバランスが大切です。

 

 

理想の体型は顔の大きさなどによっても変わる

バストラインは頭頂から顎までと顎からバストトップまでの位置が同じ高さであること、ヒップラインはヒップトップが身長の1/2の高さにあること、ウエストラインは顎からヒザまでのちょうど中央にあることが理想とされます。

 

 

横を向いた時に、体の中心線から上半身は前、下半身は後ろに同じ高さの山ができるのが、バランスの良いボディといわれるものなのです。

 

理想の体系は、身長だけでなく、顔の大きさやヒザの位置などで変わってくるため、憧れのサイズと違うかもしれませんが、自分だけのパーフェクトボディを目指してみませんか。