妊娠中は下着選びも変わってくる

下着の選び方や正しい装着方法はパーフェクトボディを作るのに大切なことですが、妊娠中や授乳中の下着の選び方は少し変わってきます。

 

妊娠がわかった時点でボディメイク用の補正下着はやめた方がよいでしょう。

 

お腹が大きくなる前は普段の下着でも問題ありませんが、冷やさないためにも、できるだけお尻やお腹がすっぽり入るゆったり目のショーツを着用しましょう。

 

 

バストラインの変化は個人差が大きい

バストラインの変化は個人差が大きいですが、お腹が大きくなるにつて、アンダーバストのサイズが変わってきます。

 

ブラジャーがきつくなった、苦しくなったと感じたらマタニティ用の締め付けないものに替えます。

 

カップサイズが大幅に大きくなる人は、重くなったバストをしっかり支えてくれる設計のマタニティブラを選びましょう。

 

 

体型とともにブラも変えよう

お腹がふっくらしてくる頃にはショーツも大きなお腹をすっぽり覆ってくれるマタニティ用に替えます。腰痛などに悩む人は、妊婦帯などでお腹を支えるようにします。

 

出産して、授乳期に入ると必要になるのが授乳用ブラジャーです。

 

マタニティブラジャーと兼用できるものも多いので、妊娠中から用意しておくと良いでしょう。

 

 

授乳用は大きく分けて2種類あり、スポーツブラのようなハーフトップタイプとブラジャーのカップがホックなどで外れるタイプになります。

 

機能性や自分のバストの状態で選ぶと良いでしょう。

 

授乳中はブラジャーをしないという人もいますが、卒乳後のバストラインをきれいに保つためには授乳中こそバストをしっかり支えることが大切なのです。