バストラインを作るのは自分にフィットしたブラジャー

バストラインを形作るのは体にフィットしたブラジャーですが、当然ヒップラインがきれいでなければパーフェクトボディにはなりません。

 

ヒップをきれいに見せるならガードルがあると思う人もいますが、選び方が重要なのです。

 

かわいいからと、体にあっていない小さなショーツをつけていたら、脂肪があるべき位置からはみ出してしまい、お腹やウエスト、太ももなどに移動してしまいます。

 

毎日Tバックショーツを愛用していたために、10代でお尻が平らになるほど垂れてしまったという人もいます。

 

 

ボディメイクするためのショーツ

そのため、普段身につけるショーツは、ヒップの膨らみにある脂肪が太ももやお腹、背中に移動しないよう、すっぽり包みこむようなものをつけるのが理想なのです。

 

ボディメイクするためのショーツは、ヒップライン全体をふんわりと包みこんで、おへそが隠れるものです。かわいくないと思われる人もいるかもしれませんが、脂肪を逃がさずきれいなヒップラインを形成するのにはこれが一番なのです。

 

しかし、太ももやお腹についた脂肪を移動させるのは、ショーツではなく、ガードルが必用になります。

 

 

ガードルという選択肢

ガードルはブラジャーと同じように、周囲にある脂肪をヒップの膨らみの部分に入れ、逃がさず、留める役割を果たすものを選びます。

 

もちろん、形もサイズも体に痕が残るほど締め付けるようなものはダメで、体を動かしやすく、つけていることを忘れるくらい自然に過ごせるものが理想です。

 

ガードルをつける時のショーツは、ぴったりサイズのものより少しゆったりしたものがよいでしょう。