バストの変化が大きくなるから

妊娠、出産はもちろん、授乳、卒乳によって、女性のバストラインは大きく変化するため、トラブルになることも少なくなりません。

 

特に初めて妊娠・出産を経験する人のバストの変化は大きい上、間違った知識やケアによって病気を引き起こすこともあります。

 

 

授乳期のトラブル

授乳期のトラブルでもっとも多いのが乳腺炎です。

 

乳管が詰まり、母乳が乳房の中に溜まりっぱなしなると痛みが出始めます。ひどい状態になると、母乳がチーズ状になり切開して取り出さなければいけなくなることがあります。

 

また、細菌感染などを引き起こし、激痛や高熱といった症状が出てしまうと抗生物質を飲まなければならなくなります。

 

投薬中の授乳は中止となるので、できるだけ避けたいものです。

 

 

 

トラブルにならないためのケア

トラブルになる前のケアとしては、血液サラサラになる食事を心がけること、血流が悪くなるような下着をつけないこと、乳首に母乳のカスが残らないように清潔を保つことです。

 

授乳をしているのに乳房にしこりができるなど飲み残しがあると感じたら、その乳腺につながる乳管が詰まりかけている可能性があるので、専門家に相談するなどして正しいケアで対処しましょう。

 

 

また、乳房が熱を持っていると感じたら母乳育児を応援するサイトなどで多く紹介されている、おっぱい湿布で冷やすのもよいでしょう。

 

授乳時のバストは赤ちゃんのために存在していると言っても過言ではありません。

 

乳腺トラブルにならないよう、バストの形が崩れない、飲み残しがない飲み方を赤ちゃんと一緒に見つけていきましょう。