妊娠すると胸が変わる

妊娠するとホルモンの働きによって、胸ガ張ったり、乳首がやけに敏感になったりします。バストラインの変化で妊娠に気がつく人もいるくらいです。

 

サイズがあまり変わらない人もいますが、大きくなる人は2カップ以上サイズがアップすることもあり、お腹の妊娠線と同じような痕ができてしまうこともあります。

 

そのため、妊娠したら産後の体系維持のためだけでなく、母乳を出すためにもバストケアが必用になります。

 

 

妊娠中のバストケア

しかし、妊娠中のバストケアを間違えると、流産や早産に繋がることもあるので注意しましょう!

 

下着は、バストサイズが大きく変わる可能性があるため、普段の下着がきつくなったらマタニティ用のものに変えましょう。

 

妊娠中のバストケアは、とにかく保湿すること、バランスのよい食事をとること、マタニティブラをつけること、大きくなった胸を揺らさないことなどです。

 

 

バストが大きくなったら?

バストが大きくなっているのにそのままにしておくと、クーパー靭帯を損傷して、後々になって垂れてきてしまうことがあるので注意しましょう。

 

絶対にやってはいけないのが乳首に刺激を与えることです。

 

妊娠すると乳首は授乳のための器官になってしまうため、刺激が子宮に伝わり、収縮を起こして流産や早産を引き起こす恐れがあります。安定期に入るまでは乳房全体への刺激も避けましょう。

 

 

母乳分泌のために妊娠中からマッサージするという人もいますが、産後でも間に合います。

 

産院や病院で勧められた場合は、医師や助産師の指示に従って体調と相談しながら行いましょう。