「バストライン」形の良い胸を目指して!

胸には大きい、小さいがありますが、形がきれいな美乳でなければ、美しいバストラインとはいえません。

 

 

そんなバストラインをきれいに見せるには、胸の形をきれいに保つためのマッサージやストレッチ、下着の選び方、装着方法などのバストケアが重要なのです。

 

乳房の90%は脂肪でできていますし、日本人の脂肪は非常に形を変えやすいということがわかっています。

 

そのため、ブラジャーをつけるときに周りの脂肪をカップの中に入れるようにしていると、脂肪が移動して周囲の余分なたるみがスッキリする上、カップサイズがアップします。

 

 

集めた脂肪が逃げないように!

せっかく集めた脂肪が逃げないように、自分にあったサイズのブラジャーを選ぶことが大切ですし、寝ている間に崩れないように夜用のブラジャーをつけるのもよいでしょう。

 

補正下着で全身の脂肪をあるべきところに移動させるというのも一つの手です。

 

ある補正下着メーカーの下着を着用していた女性の中には、AAカップだったのが補正下着で全身の脂肪を徐々に胸に移動させることで、きれいな形のCカップにサイズアップしたという人もいます。

 

 

胸のふくらみは女性にしかない

胸の膨らみは女性にしかないものですから、女性ホルモンであるエストロゲンを含む食物を積極的に摂る、体内の老廃物を溜めないような食事をする、筋力が衰えて胸が垂れ下がらないように必要な栄養素を取り適度な運動をするといったこともバストラインを保つ要素になります。

 

また、バストラインがきれいに見えるような服装を選ぶのもテクニックなのです。