ホルモン変化で女性の体は変わる!

女性の体は、妊娠から出産、母乳育児、断乳までの間にホルモンの分泌などにより大きな変化を起こします。そのため、大きくなったり、小さくなったり、固くなったり、柔らかくなったりとバストラインも色々な変化があります。

 

妊娠すると母乳を出す準備として乳腺が発達し始めます。

 

そのため、胸が張って痛くなったり、乳首に違和感があったり、乳輪が大きくなったり、色が濃くなったりします。

 

 

妊娠によって変わるバスト

バストの違和感から妊娠に気がつくという人もいるようですが、経産婦の場合、胸の変化が顕著に現れないことも多いようです。

 

おなかがふっくら出てくる妊娠中期になってくると、体全体に脂肪がついてきて、胸が重く大きくなってきます。バストサイズが変わらない人もいれば、2〜3カップ大きくなる人もいます。

 

出産して赤ちゃん母乳を与えるようになると、乳線は母乳を作り出すための器官として本格的に働き始めます。

 

 

そのため、妊娠中にサイズが変わらなかった人も、重く大きくなってきます。乳首が大きくなる人もいます。

 

しかし、母乳が溜まって大きくなるという感じなので、形的には美乳とはいえないことが多いです。

 

 

授乳リズムが定まってからの

授乳リズムが定まってくると、バストの大きさも落ち着いてきます。

 

赤ちゃんと母体のリズムが合っていれば、授乳回数が減るとともに自然と元のサイズに戻っていきます。断乳する場合は、正しい手順でも大きいままで固くなったり張ったりして痛むこともあります。

 

完全に母乳が止まれば、ほとんどの人が元のサイズに戻るか、やや小さめになるようです。