ひとそれぞれの胸がある

大きい、小さい、丸型、釣鐘型、など女性の胸の形は異なりますし、自分の理想とするバストや異性が好むバストは千差万別です。

 

 

その中でも、一般的に身長を基準とした理想的なバストラインといわれるものがあり、下着メーカーなどはそのバストラインを目指すような下着を考案しています。

 

「身長×0.54」がポイント

サイズとしては、胸の一番高いところで測る胸囲、つまりトップバストのサイズが「身長×0.54」と、胸の膨らみがないところで測る胸囲、

 

つまりアンダーバストのサイズが「身長×0.43」と言われています。日本製ブラジャーのカップで言えばDカップとなります。

 

 

また、上下左右のバランスが大切で、鎖骨のラインの中心から左右のバストトップ(乳首)を直線で結んだ時に正三角形になっていて、

 

バストトップの位置が、頭頂から顎までの長さと顎からバストトップまでの長さが等しくなっていることが理想です。

 

 

美乳とは?

胸の下側の膨らみがきれいな半球型で、高さと横幅が同じであるものが「美乳」といわれるものになります。

 

理想のバストラインとは、大きさだけでなく、バランス、形、トップの位置なども重要なのです。

 

そして、理想のプロポーションとは、バストラインだけでなく、ウエスト、ヒップ、手足など全体のバランスがよくなければなりません。

 

また、アンケートの結果では、日本人の女性は、DカップやEカップを理想とする人が多いのに比べ、男性はA〜Cカップくらいが好みという人が多かったようです。